世田谷草野球ロスヒターノス・ブログ

世田谷草野球ロスヒターノス・ブログ!

訃報に続く訃報・・・

 青島幸男が死んだ!

 ボクは目を疑った・・・

青島幸男という人物は間違いなくボクの人生に大きな影響を与えた人物と言える。

 「ハナ肇クレイジーキャッツ

 彼らの歌を聴いてると、昭和という時代を感じる!

そして、その作詞には、青島幸男の名前が記されている。

特にボクが本当に悩んでたときに聴いた『ホンダラ行進曲』はボクに人生の変化球を教えてくれたような気がします!w

正直、何かに行き詰った人にとっては、こんなに勇気付けられる歌詞はないだろう!

他にも素晴らしい曲がいっぱいあるので、是非聴いてもらいたい!

 実は数年前に友人の前で、「ハナ肇クレイジーキャッツ」の曲を聴いていた時、「親泣いてない!?」って聴かれたことがある!w

ただボクは今のこんな時代には、もう一度青島幸男が時代を作ると数年間信じていた!

 政見放送だって青島幸男のアイデアから誕生したし、無所属というのを世間に広めたのも青島幸男だぁ!

 まさか植木等よりも早く逝ってしまうとは・・・正直残念です・・・

都知事になって青島幸男は終わったと言う人もいるが、ボクは全くそんなことは思わなかった!

もう一度、ブームを到来させるだけの才能は間違いなく今でも持っていたし、それは時代が古い新しいではなく人間・日本人の本質的な部分を現在に日本列島に刺激して欲しかった。 


そして、もう一人、カンニング中島の急死も非常にショックだった。

そもそもカンニングエンタの神様でブレイクしたかのように言われているが、テレビ朝日の『虎ノ門』出身芸人だと思っている。

その中でも特に好きなコーナーだった1週間テレビガイドというコーナーで、カンニングはNHKを担当していて例のキレ芸をやっていた。

 大学時代、とにかくあの『虎ノ門』を見ると、週末だぁと感じていた。

セントルイス星セントさんが出演して数ヵ月後に亡くなった時も、なんだか悲しかったが、レギュラーだった中島が亡くなった事はホントにショックだった。

 この2つの訃報は、なんだかボクの記憶の一部が思い出になってしまったようなそんな訃報だった。

ご冥福をお祈りします。そしてありがとう・・・