世田谷草野球ロスヒターノス・ブログ

世田谷草野球ロスヒターノス・ブログ!

逆サザエさん症候群

 「サザエさん症候群」実際に存在する現代の病気で、サザエさん(日曜日午後6時30分〜7時)を見ると、翌日から学校や仕事があることを意識し始めて別に大きな問題があるわけでもないが、憂鬱になるというのが症状だ。その原因のひとつにはサザエさんの中の生活が平凡すぎることも影響しているという。

 小学校や中学校の頃を振り返ってみると、ボクは学校は大好きだったにも関わらずサザエさん症候群のような症状があった。特に試験前最後の日曜日はサザエさんが終わると憂鬱になったものだ。しかし翌朝になってみるときれいさっぱりになる。

 そういえば昔は火曜日午後7時からもサザエさんがやっていた。

 数年前にハードディスクドライブを買ってから、ボクは毎週サザエさんを録画している。

何も考えずにボーっと見ているとこんなにつまらないアニメはないが、何気に突っ込みどころ満載なのがサザエさんなのである。

 個人的にツボなのが、「マスオさんの声」!ほとんどの人からしてみたら聞きなれた声だが、マスオさんの驚いた時など感情が揺れているときに発せられる声はなかなかのものだ!同僚のアナゴさんも容姿・声・性格・行動ともに申し分ないスーパーキャラクターだ!(←出番がちょっと少ないのが残念!)

 何年も見ていると、徐々に声優も入れ替わってきている。カツオくんワカメちゃんノリスケ伊佐坂先生の声優が変わったが、今後興味のある声優交代はやはり、イクラちゃんとタマだ!カツオくんなどの声が変わった直後はかなりの違和感があったが、最近ではだいぶなれてきた。しかし、イクラちゃんの「ハーイ」「チャーン」「バブー」は、その時の感情によってアクセントが変わってくるまさに芸術的な域に達している。この芸術的な声が変わるとどうなるのか興味がある反面、いつかその日がくるのかと思うとゾッとする。

 別に敵が出てきて格闘するわけでもなく、特に涙の出るような話でもなく、正義もなければ悪もないサザエさん一家が普通に生活しているだけだ!登場する泥棒がイイ人だったなんてことが多いのもサザエさんならではだ!

 

 毎週録画しているサザエさんだが、基本的には寝る時に撮り貯めしておいたものを見るため、サザエさん症候群のように憂鬱になることはない。むしろ、月曜日休みの為、日曜の就寝時に見るサザエさんは翌日が休日だと再認識して、テンションを高めてくれる。

 しかし、今週はちょっと違った。なぜなら、録画しておいたサザエさんが途中できれているのだ。ハードディスクの容量がいっぱいになってしまったのだろうか?違う!

 昨日のサザエさんは、7時過ぎまでやっていたのだ。サザエさんは年に数回スペシャルが放送される。普段は10分の作品3本だが、スペシャルの時は長編になることが多い。昨日は年に数回のスペシャルだったのだと思うが、やはり長編ではなくても話の途中で録画が止まってしまっていると、話の内容が気になる。

 そしてスペシャルを見逃したことを考えると非常に憂鬱になる。なんと言っても予告の後のサザエさんとのジャンケンが出来ないのは一週間引きづりそうな勢いだ!(勝っても負けてもやはりジャンケンをすることは重要)

 サザエさんを見逃してこんなに憂鬱になるというのは、もしかしたら新たなサザエさん症候群の発見なのかもしれない!